rrlrlrll.org

kawasako.exe

先日LINEのmessaging APIが公開されたので、最近ちょろちょろ触ってたりします。イケてるエンジニアの方々なんかは、今更BOTなんかと思われるかもしれませんが、LINEのBOTを作るメリットは、たぶんモテることだと思います。「きみかわいいね!どこ住み?てかLINEやってる?俺の作ったBOTと友達になってみてよ!」と、他のナンパ師に差をつけるわけです。更にいうと、直接LINEを繋げるわけではないので、女性にとってもハードルが下がったりするんじゃないでしょうか。これはもう、LINE BOTを作るしか […]

アイデンテ-フィ

なにか尖った人間と同じフィールドに立つ機会があったりすると、「うおお、このひとはやっぱりすごいな」と思う機会があるのではないでしょうか。それが自分と違う職種であれば恵まれたチームに居るということですが、さて、それが同じポジションの人間だった場合、「自分がやるよりもあの人がやった方が良い結果になる」という主観的事実をどう処理したものか、どうも負けず嫌いとして生まれ落ちてしまった身には難しいところだと思います。 ところで、IT業界は激務のイメージがあって、それによるうつ病や時には過労死の話なんてのも度々話題に […]

くそまみれのバイナリー

大した責任もないくせに、うだうだ残業したり休日に仕事するようなやつは総じてクソ野郎だけれど、時にクソまみれになってもやりたいこともあるものだと、僕は思います。ひとに求めるものじゃあないけれど、自身が便器に垂れ流すこと自体は、考えようによっては生理的欲求のひとつとも呼べるのではないでしょうか。 あんまり下品なこと言ってるとまた心配されそうなのでこの辺にするけれども、なんだか頑張って作られたプロダクトが、売れるか売れないか、流行るか流行らないか、そこにある未来とか、発想とか、それに対するわくわく感とか、流行っ […]

ここ一年間、コード書きをやっていてよかったこと。

早いもので職場を移ってから1年を通りすぎましたが、近頃は半年くらい前に、だいぶ辛酸ぺろぺろしながら作ったものを眺めながら、当時の状況だとか気持ちを思い返すと、今とは少し違っていたりして、自分もなんか変わったのかなあなんて、感じたりするようになりました。 そんなこんなで、よかったことだとか、そうではなかったことだとか、振り返ってみたいと思います。 利用してもらえることについて たくさんのひとに利用してもらっていると、割合で言ったらほんとに一部のユーザーだったり、あんまり使われないような機能であっても、時には […]

JavaScriptでカジュアルにテストを書いて理解する

近頃からかは知らないけれども、JavaScriptの世界でもテストかいてこ、みたいな流れがあります。そう、流れがあるんですが、僕はそもそもあんまりプログラミング自体に精通しているわけではないので、結構テストを書くという概念自体が難しいわけです。なんちゃらテストみたいな概念一杯あるじゃないですか。どれがなんなんだかよくわかりません。いつまでたっても要所要所でlogを吐いたり関数叩いたりして意図した結果が返っているか目視で確認してしまうわけです。 でも、それもまたテストなんだと思います。なんだかそう思うと、ま […]

努力でもするならば

僕が小学生の頃、当時大学生でサッカーのコーチだったひとに、「努力するなら見えるところでしろ」という話をされたことがあります。お前らの影の努力なんか知らないし、結果だけ見たら駄目なものは駄目としか言えない。それでも頑張りを認めて欲しいんだったら、見えるところでしろ、さもなきゃ俺は大学を辞めて一日中お前らの監視してなきゃならない。みたいな話で、誰に見られていなくても慎ましく努力するのが良いと思っていた純粋な子供にとっては、なかなか刺激的な言葉でした。 印象的な言葉というものはいつまでも覚えているもので、自分が […]

componentっぽいものを自前で持つ時の初期化について – ついでにjQueryを負債にしない方法

個人的にライブラリやフレームワークを使うまでもないような場合でも、何度も同じ実装するのは面倒なので、わりとこういう感じでDOMElementを受け取って疎結合になるようにコンポーネント単位っぽい雰囲気の実装をして使い回すことが多い。(以下、Widgetと呼称) そういう時に、Widgetの入れ子を許容するかという問題があって、仮にHogeWidgetの中に非同期な処理を含むFugaWidgetを内包する場合、結構ややこしいことになるので基本的にやらない。でも、男にはやらなきゃならない時もあるってばっちゃが […]

偏差値ハイフンに、エールを。

会社勤めもようやっと5年目になりますが、転職活動などした際に思っていたのは、どうも会社というのは、「我が社は、社会にこんな重大な影響をもたらしていて、その中でもあなたは非常に重要な役職についています。」だとか、「そんなあなたに報いる為に、会社はあらゆる待遇を以て席を用意しています。」と、暗示のように語りかけてくるということです。 また、僕が会話したことのあるいくらかのひとたちの中には、自身の所属する組織のことをどんなに素晴らしく、そして自分がどんなに良い待遇を受けているのか、はたまたその逆で、どんな仕打ち […]

JSerでも何となく知っておいた方が良さそうな気がしたGCについて

最近、知り合いに「アレって酔って書いてんの?」と言われましたが、シラフです。もし仮に、いつもより若干テンションが高いように感じられるとしたら、今飲んでる麦茶に誰かが白い粉末状の非合法な何かを混ぜたんだと思います。ということで、こんばんは。 突然ですが、あなたは人知れず暗躍するプログラミング界のアサシン、ガベージコレクター(通称:GC)と呼ばれる存在をご存知だろうか。なんだこいつそんなこともしらねーの、と思った方は、その言の葉の刃を、キーボードの⌘+Wに向けて解き放ち、このしょうもない文書と出会ってしまった […]

四捨五入したら30とか言ってるやついるけど

ハリー・ポッターの作中で、ホグワーツ史上最も人望のなかった歴代校長フィニアス=ナイジェラス大先生が肖像画越しに我らがハリーに説教を垂れるシーンがあります。「往々にして若者は、自分だけが物事を感じていて、考えることができると壮大な勘違いをする。」という趣旨の内容ですが、自分にはなんだか身に覚えがあって、「君はまるで、相手が何もかもを知らないかのように物を言うことがあるよね。」と、ふとした時にガツンと言われたことがあります。 自分が未だ若手と呼ばれる人間かと考える時、その言葉を結構思い出したりします。無知が故 […]

UTF-8っておまえなんなの

なにやらWebっぽいものを作っている時に、文字コードという物を意識して何か仕事をすることは、昨今殆どないように思います。基本的には、とりあえずUTF-8にしとけば恋も仕事も万事okで、UTF-8ってなんなのどうなってんの、みたいなところに踏み込むことはまずありません。せいぜい扱うデータがShift_JISで変換がめんどくせえとか、そういう話です。みなさま、何が良くてUTF-8が使われているのか、何故16じゃ駄目なのか、何故AKBは48人なのか、気になりはしないでしょうか。こいつそんなことも知らないの、と思 […]

GoogleAnalyticsの数値を足したり割ったり掛けたりしてはいけない

こんにちは。GoogleAnalyticsに限らない話ですが、Webブラウザ上で収集したデータが、かなり大きな意味のある数字として、発表されることも多いように思います。時にそれ自体に金銭的な価値がついたり、事業的な判断を左右する数値として扱われることもあるように思います。 そんな中で、発表される値に関して、個人的にはかなり懐疑的にみていた方が良いと感じています。なぜなら、GAのようなBeacon型のトラッキングデータは、非常に曖昧で、不正確なものであり、また簡単に壊れてしまうからです。 例えば、何か機能の […]

<video>を捨てた動画たち

もうなんだかとにかく聞いて欲しい。わたしはてっきり絵がひゅんひゅん動くを見て喜ぶのは子供と犬くらいのものかと思いこんでこれまで生きてきたけれども、そんなことはなかったらしい。みんな動画大好き。僕も大好き。お前のRGBも反転してやろうか。 冗談はさておき、昨今どうもスマートフォンで動画を扱うのが難しい。html5にvideo要素が追加されてよりこちら、動画に触れる機会が多くなったものの、厄介なのはvideo要素が標準化されても動画プレイヤーに標準が存在しないことで、インタフェースというか受け付ける命令が同じ […]

新しくなった「LINEで送る」について

こんにちは。突然ですがLINEで送るボタンが実はいつの間にか新しくなっていたことを、皆さんご存知でしょうか。はあ知ってるし何言ってんのこいつと思った方はすみませんでした。なんだかGoogle先生で検索すると古いLINEで送るボタンの設置方法がhitしてしまうし、あまり見かけないので、実はこれあんまり知れ渡ってないのでは…とか思ったりしてしまいました。 新しいLINEで送るですが、LINE it!という名称で公開されているようです。何故it!かみたいな話は僕にはわかりかねますが、ともかく従来のL […]

ぼくのふゆやすみ

あはっぴにゅーいえあ。1990年代が終わってから早16年ですが、ある時電車で女子高生が「えっマキコの彼氏90年代生まれなの!?」と驚いているのをちらと耳にしました。マキコの彼氏は年代的に恐らく1999年とか1998年生まれだと思うのですが、仮に1999年と2000年の生まれが混在する年代なんかであれば、きっと小学校時代「お前1999年なのかよ 俺ミレニアムベビーなんだぜ」とよくわからない自慢をする子供が各地に1人ずつ配備され、全国の平成11年度1999年生まれの間に深い闇を生んでいたことでしょう。頑張れマ […]

非同期通信とキャッシュとプロミス

サーバとのやりとりを全てAPI経由で行うような、いわゆるシングルページアプリケーションにおいて、必要なデータをいつ取りにいくのかというところは少し悩みどころで、というのも必要になってから取りにいくのではどうしても動作がもそもそしてしまうし、とはいえユーザの入力によって結果の違うものもあれば、必要もないデータを起動時に大量に取得するのもあまりイケてないという話で、任意のタイミングで柔軟にデータ更新を行うには画面遷移とデータ通信を切り離す必要があるように思いました。 アプリ開発界隈で一般的にどんなやり方がされ […]

敬称

以前は職場で君付けで呼ばれることが多かったけれども、最近はめっきりなくなりました。あまり今までは接する機会がなかったような、下手すると父親くらい年上のひとに、カワサキさんなんて呼ばれるのはなんだか少し違和感があるけれど、そういう文化なのだと思います。 思うに、きっと年を重ねるごとに、相手の年齢が下だからと言ってそれで相手を測ることができなっていくのではないでしょうか。同じ時、同じ場所に生まれたからといって、全く同じ志向性をもつわけではないのと同じように、月日が経つにつれて、その差は広がって、相手のことを理 […]

いつ、チームから健全さが失われるのか

何事も解決すべき原因が明確であったり、諸悪の根源がわかりやすければ、どんなに楽かとも思うけれども、実のところの問題はもやもやしたものだったりして、解決できからこそ、それが不満になっていくのではないかと思うのですが、例えば、自分がもう限界だと思った時に、更に追い打ちがあったりすると、さて、どんな因果で自分はこんな仕打ちを受けているのかと憤りが沸いてきて、その原因を突き止めてぶん殴ってやりたいと思うことがあります。 思うに、誰が望まなくても、それはそういうものだ、と受け入れてしまうことこそが、その良くないと思 […]

つぶやき解析 第2弾 in golang

時の流れがはやすぎて、前回の試みから半年もの月日が経ってしまいましたが、今日はこんなん作りました。本当はグラフ出したり、評価指標作ったりしようと思っていろいろ考えていたのですが、途中から別のことをはじめてしまったので取りあえず出来ているものであげました。 JP TWEET PICKER – あなたがTwitterでよく使う言葉を抽出します 形態素解析について 前回はElasticsearch経由でkuromojiを使っていましたが、今回はmecabを直接叩くようにしました。mecabってなんだ […]

innerHTMLを封印してDOMを再帰的に処理する

つくりました http://t.co/KxZOWCX2Tn https://t.co/E7qkDS4d97 — かわさこ (@kawasako3) 2015, 9月 16 今までも遊びで何度かdocument内の○○を△△に変換するブックマークレットというのを実装してきましたが、単純なinnerHTMLによる置換ではいくつか問題があって、そもそももの凄く重いということは言わずもがなですが、htmlを一度文字列として扱う必要があるので入れ替える際に、DOMが再構築されて登録されているイベ […]

わこうど

小学生の頃の自分からすると、なんというか大人の考えることというのは欠点だらけで、もっと簡単な答えがあるような気がしていました。何故授業は9時からなのに、8時半に学校に行かなければならないのか全く理解できなかったし、国語の時間は黒板の字をノートに移すより、本でも読んでいた方がよっぽど勉強になりそうだ、なんて思っていた覚えがあります。 今そんな子供に出会って、その子と少しでも縁があったなら、たとえあまり上手く説明が出来ない気がしていても、「それは違うぞ」と言わなければと、義務感のような、責任感のようなものを感 […]

若者言葉と「アグリーです」について

今にはじまったことでもないと思うけれども、また最近いろんなところで、ちょっと何を言っているか分からないような若者言葉が、ネタとして取り上げられたりするのをよく見かける気がします。 僕としてはいつだったか「イケメン」という言葉が広まりはじめた時に、それが「イケてるメンズ」の略だという話を、「なんじゃそりゃ」と思って聞いていた何故だか覚えているんだけれども、今では違和感なんて感じなくなって普通に使っているのは、なんだか不思議な感じです。 ライトノベル小説なんかを読んでいると、確かに独特の言い回しというか、文脈 […]

エンジニアとデザイナー

のうみそはひとつなのに、デザインとエンジニアリング両方の知見がある人種のことを、とある国ではユニコーンと呼ぶらしい。そのくらい希少で、幻想的なものだという意味でなるほどなあという感じがします。 ひとによって定義は違うと思うけれども、僕の中ではデザイナーは「何をするか設計するひと」で、エンジニアは「どうやるか設計するひと」だったりします。だから、技術を扱うひとの中にもデザイナーは沢山いるし、きっとその逆もあるのだと思う。 自分はあまり器用に立ち回れなくて、そうですらないけれども、「何するか設計するひと」であ […]

いわゆる、退職エントリ

この度、2015年5月31日をもって現職マークアップエンジニアとして勤めていたFICCを退職することになりました。FICCに初めて面接に訪れたのが、2012年の5月28日で、翌月から働きはじめたので、実質丁度3年間になります。 また、ある程度今手につけている仕事がようやく形になってきたところで、自身の進むべき道というか今後の道筋というところで少しずつ悩みはじめたのも今から丁度1年程前だったかと思います。ただそれ自体は退職を前提に動いていたわけではなく、社内外問わず可能性を見つめて、今の今までFICCの社員 […]

素数からの脱却 そして24歳

4月2日を迎えるとどうにもエモい記事を書かなければならない気がしてくるけれど今年は特にこれと言ったトピックがありません。 3年目ともなると気が落ち着いてきたのか、以前に比べて仕事で怒ったり悲しんだり焦ったりすることが減ったように思います。なんだかそれはいいことなのか悪いことなのかという感じがするけれども、散々言いたい放題してきた結果、その場でわめき散らさなくても、その熱量を悪い方向には向けず、正面から取り組み続ければ、いずれは良い結果に向かって行くものだと少しは自省したのかなと思います。 そして今年は、お […]

自分のつぶやき解析してみた

今年の1月くらいから自分のTwitter全部Elasticsearchに流していて、丁度触る機会があったので単語の出現回数を引っこ抜いてみた。一応形態素解析をかけているので、活用形や送り仮名などある程度吸収しています。クエリの実行結果なんとなく眺めてるとへー俺こんな言葉良く使うんだほえーみたいなのがちょこちょこあったので感想を書きました。仕事中ちょこちょこTwitterに投稿していたのは、解析用にデータを貯めるためであって、決してさぼっていたわけではありません。うそつきました。 覚えたことに対して忘れた事 […]

つまらなく、標準的であること。そしてそのソースコードが重要であるということ。

最近はわりかしWebブラウザ上で出来ないことも減ってきて、あんなことこんなことしたいなって話がよくある。それ自体は「おっそんなん僕得意やで」って活躍出来る場があって大変嬉しいけど、個人的にやっちゃいけないなって思っていることがある。 たとえばなのだけれども よくフォームパーツを独自のUIにしたいという要望があったりする。んだけど、よほどのことがない限り「やめた方がいい」ことにしている。 別段、実装内容として難しいことはないし、工数的にそう大変というわけではない。んだけど、フォームパーツというのは、基本的に […]

スマートフォンサイトをリキッドレイアウトで作るのは駄目なんじゃねーか疑惑

スマートフォンサイトをいつしかリキッドレイアウトで作るようになっていたんだけど、最近どうもこれ駄目なんじゃねーの?と思い始めている僕がいる。 (もはやあまり思いつかないけど)リキッドレイアウトの良いところとして、 1. 解像度の高いユーザーに対して多く情報が見せられる 2. Viewportの挙動をあまり気にしなくてよい というのが大きいと思っているけれど、むしろこれ駄目な気がしていて、例えばブログとか文章メインのサイトならいいと思うんだけど、ビジュアルどーんロゴどーんみたいなサイトでやると、画面幅が広く […]

Nginx + fluentd + Elasticsearch + Kibana3 on AWSの話

なんか行動データと他のデータ結びつけたくなくなくなくない?っていう話があって、GAとは別で生の行動データ欲しかったけどサーバー直接触れないケースが多いのでGAみたいにパラメータ引っ付けたリクエスト飛ばして、ただただDBに保存してくってやってみたんだけど、結局解析するのにHadoop使うことになってHDFSにつっこむのにDBからだとむしろパフォーマンスが悪くていちいちtsvに変換してた。だったら最初からtsvとして管理すべきなんじゃと思ったら色々良さげなものが一杯出てきたので一通り試したという話。 最初リク […]