若者言葉と「アグリーです」について

今にはじまったことでもないと思うけれども、また最近いろんなところで、ちょっと何を言っているか分からないような若者言葉が、ネタとして取り上げられたりするのをよく見かける気がします。

僕としてはいつだったか「イケメン」という言葉が広まりはじめた時に、それが「イケてるメンズ」の略だという話を、「なんじゃそりゃ」と思って聞いていた何故だか覚えているんだけれども、今では違和感なんて感じなくなって普通に使っているのは、なんだか不思議な感じです。

ライトノベル小説なんかを読んでいると、確かに独特の言い回しというか、文脈や言葉の意味というよりも、リズム感を大事にするような感じがしていて、今時の大人のひとたちが「間違った日本語ばかりだ!」と憤るのもなかなか頷けるんだけれども、それはそれで華やかな感じがして、個人的には好きです。

自分が若者なのにそういう言い方も変だけど、リズム感というところで言えば、若者言葉も近いところがある気がしていて、長いからとか、言いづらいからとかじゃなく、口に出して気持ちがよい言葉を良しとするところがあるように思います。たしかに「かっこいい」というよりか「イケメン」の方が圧倒的に語感が良い感じがします。

それって、若者言葉だけじゃなくて、ビジネス用語がネタになるのも変な話、「アグリーです」なんて面と向かって言われたら、ちょっと笑ってしまうんだけど、「アグリー」って言葉はなんだか響きがよい気がする。「費用対効果」と言うよりも、「CPA」と言った方がなんだかノリが良い。

またこれもでっていう話なんだけど、何となく思ったことでした。技術ブログなんてなかった。おしまい。