至高のテキストエディター

Thu Jul 26, 2018

私はしがないHTML屋さん。

はじめてHTMLを書いたのはミミカキエディット。
そのうちDreamWeaverを使うようになった。
でも、当時Adobe製品なんか買えなかったから、
家ではez-HTMLをひらいた。

就職してからは、Codaを使った。
ドラッグアンドドロップで画像が挿入できるなんてすごい。
FTP機能でサーバーと一瞬で同期。便利すぎた。

そんな時に出会った、SublimeText2。
正直HTMLを書くには不便だった。
でも、とにかくかっこよかった。

マウスに触れずにコードを書くのがかっこよくて、
ショートカットを覚えた。

誰よりもカスタマイズしたくて、
プラグインをたくさん試した。

パターンマッチの一斉置換はまるで魔法。
正規表現の勉強をした。

ファイルアップロードが面倒になったから、
rsyncの勉強をした。

画像の扱いが面倒になったから、
Pythonを勉強してプラグインを作った。

そのうちAtomが流行りだした。
僕はSublimeText3を使った。

ShiftJISのファイルがよく壊れた。
今日も検索窓の日本語入力が上手くいかない。
そんなところも愛おしかった。

でも、今日でおわかれ。
今までありがとう、いつかまた。